変態さんも更にご納得のRDP8.0とUDPの最強コンボ!

こんにちは四夜です。
今日はなんかとても暑いですね。いや熱すぎだろ!なんでこんなに暑いんだろうもう溶けちゃうよ。
そう、今日は映画を見たあと、町田に行ったのですが、今日はそこでお昼を食べようと思っていたのにコンビニでジュースを一本飲んだだけで全然お腹がすかなくなって結局何も食べませんでした。あとあと調べてみると、ある一定時間以上お腹が空いたままだと体が勝手に切り替えて体に貯蓄している糖分を使い出すのだとか。これってダイエットには効果的なんじゃね?と。まあ僕の場合はあまりダイエットがでんでんというのはあまり現実的な話ではありませんが、それでもこれはお菓子を食べまくっても太らないのでは?と思ってしまった僕は結構重症かもしれない。
ただね、最近バイト先のスタッフからも、友達からもそろそろちゃんと食べろと言われているのでまあ考えなくてはならないかと。ただ、どうしても食事自体が面倒くさいという面があってなんかのる気にならないんですよね。まあ外食とかお菓子とかは最高に大好きですが。ああ、なんか偉大な発明家がカプセル一つで充分な栄養と満腹感を与えてくれる何かを発明してくれないだろうか。


さて、今回は以前やったリモートデスクトップの続編です。
ちょっと色々設定をいじってVAIO ZでUDPのリモートデスクトップができるようになりました。
ということで、とりあえず。
DSC_1215.jpg
ベッドにSurfaceをおいてキーボードをつなげて、寝ながらいじれるようにしてみました。
ただ、画面の無機的に難しそうな気がしますが、とりあえず寝っ転がりながらメインPCをいじれる環境が出来ました。

さてさて、RDP8.0については以前紹介したとおりなのでここでは割愛しますが、UDPとはなんぞやということを書いていきたいと思います。
ネットワークの通信のやりかたには大きく分けて2種類ありTCPと呼ばれるものとUDPと呼ばれるものがあります。まあホントは~層とかOSIの7階層モデルとかいろいろ関係しますが、ここでは簡単にこの二つを見て行きたいと思います。
まずTCPとは必ずデータを渡したいとき、転送速度より信頼性重視で使いたい場合に利用します。通信の仕方としてはこちらがデータを送ると必ず向こう側からちゃんと届いたよと返事をします。
今回の主役でもあるUDPはTCPの逆で一方的にデータをとりあえず送り込みまくります。なので、転送途中でデータが壊れたとしても無視して続きのデータを送り続けます。その代わり毎回相手も応答する必要がないので転送速度は早くなります。
まあ簡単に言えば黒ヤギさんがお手紙かいて白ヤギさんに送った時、読まずに食べやがった時に黒ヤギさんにバレるのがTCP、ばれないのがUDPです。いやなんか違う・・・まあ気にしない。気になったらググりましょう。

ということで確認をしてみるとちゃんとUDPで接続ができています。
DSC_1216.jpg
ちょっと海未ちゃんを映るように撮ったら肝心の文字が読めなさそうですね・・・
ということで、
DSC_1217.jpg
今度こそ。
ちゃんとUDPで通信できていることが確認できました。
今回もまたローカル環境ですが、実はすでにポートの設定も済ませ、グローバル環境でも動作を確認しています。

ちなみにキーボードは
DSC_1218.jpg
最近ほとんど使っていなかったレノボのアレです。
大学に入って東プレのRealforceを買って以来ほとんど使っていませんでしたが、ここで再利用できそうです。
なんせ、トラックポインターがも付いているおかげでSurfaceで使うのにはうってつけです。

最後に
DSC_1219.jpg
今回のこの記事はSurfaceからリモートデスクトップを利用して書いています。写真は書き始める前の状態。
あと、使っていてわかったことですが、音はどうも通信量が多くなるか負担がかかっているときは自動的に音質を下げるようです。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR