intelがHaswellのGPU性能を公開

こんにちは望月です。
今週はたびたび更新を休んでしまい、申し訳ありません。
帰省中ということもあり、なかなか更新する時間をとることができず、毎日見に来てくださっている読者の皆さんには申し訳ないと思っています。
更新ができない日はツイッターでその旨をお伝えします。

さて、今回はやっと来たかと思うニュースです。
ついにインテルの第4世代Coreプロセッサーのブランド名と性能を公表しました。
44b701cc8fc62135b537aa67a3a08479.jpg
皆さんもご存知のとおり、今度登場するコードネーム「Haswell」は内臓グラフィックの性能が高いことで知られています。
しかし、いままではそういうようにアナウンスされていただけで、どのように進化したのかはよく分からない状況が続いていました。
まず、ネーミングから紹介します。
簡単にまとめるとこんな感じです。

「GT3e」→「Intel Iris Pro Graphics 5200」
「GT3」→「Intel Iris Graphics 5100」TDPが15wのモデルに搭載される物のみ「Intel HD Graphics 5000」
「GT2」→「Intel HD Graphics ~」
「GT1」→「Intel HD Graphics」

と言うことになったそうです。「~」は型番が入ります。
一つずつ説明していくと、
まず「GT3e」が内臓GPU(GT3)にeDRAMが搭載されたモデルで、モデル名は「Intel Iris Pro Graphics 5200」となります。
次に、「GT3」のブランド名は「Intel Iris Graphics 5100」となり、これはTDPが28wのUプロセッサに搭載されます。そしてTDPが15wのUプロセッサに搭載されるGT3は「Intel HD Graphics 5000」となります。

次にGT2です
GT2のクライアント向けが「Intel HD Graphics 4600/4400/4200」となっていて、ワークステーション向けが「Intel HD Graphics P4700/P4600」となります。
最後にGT1ですが、これは「Intel HD Graphics」のみとなります。
ハイエンド向けのGPUには、「Iris(アイリス)」の名前がつけてあり今までのGPUよりも差別化されているのがよく分かります。
ちなみに余談ですが、Irisとは「虹彩」の意味ですね。

性能は前世代の内臓GPUに比べて2倍~3倍の性能を持っているとインテルが公表しました。
とくにノートPCの通常電圧で使われる、ivy bridgeのCore i7-3840QMと比較してHaswellのCore i7-4900MQ(GT2内臓)は1.5倍ほど、Core i7-4950HQ(GT3e内臓)では2倍ほどの性能を実現していると言うことです。

いかがでしたか?
eDRAM版が登場したりとかなり力が入っていますね。
秋葉原のショップ店員に聞いたところ入荷は6月ごろではないかと言うことでした。
それまで楽しみに待ちたいと思います。
いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR