MXH-DBA700レビュー!

こんにちは望月です。
昔からなのですが、望月はイヤホンが大好きでこれまでも数々のイヤホンに金をかけてきました。
その中でも気に入っていたのが、boseのIE2でしたが、さすがに使い始めてから2年が経ち、そろそろ変え時かな~と思い、いいイヤホンがないか探していました。
そこで目をつけたのはバランスド・アーマチュアで特にソニーのXBAシリーズは気になっていましたが、値段が結構高かったので見送りました。(それでもXA-10は買ってしまったが…)
そして、今回ようやくいいイヤホンを見つけました。
それが今回紹介するMXH-DBA700です。

MXH-DBA700とは?
マクセルという会社は皆さんもご存知かと思います。
特に望月の父親世代には特に愛されていたのではないかと思います。
というのもマクセルはカセットテープ時代から音質にこだわった商品を世に送り続けた会社であるため、音質のことを知り尽くしている会社ともいえます。
しかし最近は安価なイヤホンに集中していてなかなか上位モデルといわれるような製品は出していませんでした。しかし、市場での需要が見込めるということで2機種発表しました。
それが今回紹介する、

バランスド・アーマチュアとダイナミックのハイブリッドイヤホンのMXH-DBA700と、
ダイナミックを2機搭載したMXH-DD600でした。

今回は望月の購入したMXH-DBA700について紹介します。
DSCN3925.jpg
概観はこんな感じです。
外側の金属部分はデザイン性だけでなく余計な振動を抑える働きもあるのだとか・・・
メガホンのような独特の形をしています。
DSCN3928.jpg

次にプラグの形です。
DSCN3929.jpg
写真のとおりL字型のプラグで出っ張らないので邪魔になりません。
そしてこの写真を見て気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、フラットケーブルを採用しています。
実はこのイヤホンの値段は9千円前後なのですが、この価格帯でフラットケーブルを採用しているのは珍しいのではないかと思います。

内部について、
DSCN3933.jpg
世にも珍しいBAとダイナミックのハイブリッドイヤホンでなかの構造が気になる方もいらっしゃると思います。
写真のようになっています。このダイナミックの配置はあえて高音が聞こえにくくするための配置だそうで、高音はBAに任せ中低音はダイナミックに任せるといった具合です。
このような配置は結構珍しいようでいたるところで評価されていました。

音質について、
実際にアニメDC3のエンディング、coorieのメグルを聞いた感想を・・・
最初、わずかに出るウィンドチャイムの音がとてもきれいに入ってきます。完全にBAのなせる業だと思います。
あと、パーカッション系(スネア、タンバリン、クラベス等)はアタック感がいいというか気持ちいように伸びてきます。これもBAのなせる業ですね。
またこれもBAのおかげだと思いますが、とてもきれいにボーカルを前面に持ってきてくれます。
一方でドラムのバスドラのような低い音もきれいにアタックしてきます。これはダイナミックのおかげですね。
また、重低音という感じではありませんがいい具合に低音が出てきます。
ハイブリッドなだけあって高音から低音まできれいに出してくれます。
ただ、フラットな音というわけではなく少し低音よりで、(とはいえ高音がとても鮮明な印象を受けるが、)一言で言えばドンシャリ傾向にあるように思えます。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
98位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR