windows8の仮想化について書きます!

こんにちは、kaedeです。
今日は、windows8に新しく搭載された仮想技術を紹介します。
Windows8 Pro Package Layers
(注:写真はwin8のイメージで記事の内容に関係ありません)
windows8には仮想化機能としてHyper-V 3.0と言うものが搭載されています。
少しおさらいとして、windows7ではどうだったかと言うと、「windows Virtual PC」と言う機能があり、win7のprofessional以上のエディションでは無償でwin XP SP3を無償提供する「XP Mode」がありました。
実は等ブログでもXPmodeは紹介したことがありましたが、kaedeははっきり「あまり使いません…」と記事に書いていました。
と言うのも、win7の互換性が思っていたよりも高く、多少古いアプリも互換モードを使えばほとんど起動できるうえ、XP modeは動作が重たいと言うことで避けられていました。(他にも約15GBほど必要なので実用的ではなかった)

そこで、今回、windows8には、「Hyper-V」と言う機能を提供します。
元々はサーバーOSのwindows Server 2008用で提供されています。
では、この「Hyper-V」は今までのVirtual PCとどこが違うのでしょうか?
それは、仮想マシンの動作のさせ方にあります。

Hyper-vではハイパーバイザ型として動作します。ちなみにVirtual PCではホスト型でした。
ではこの2つは何が違うのでしょうか。
仮想化技術の図
この図を見ていただくとわかると思いますが、

・ホスト型は、ホストOSを実行した状態で仮想マシンを動かしていました。(仮想ソフトはホストOSに依存しています。)

・ハイパーバイザ型は、ハイパーバイザと呼ばれるOSに依存せずハード上で直接動作し、実行する全てのOSを仮想マシン上で動作するソフトを使用します。(図のように全てのOSがハイパーバイザ上で動作します。)

PCに詳しい方なら分かった方もいらっしゃるかもしれませんが、ハイパーバイザ型を使うとホストOSにかけるリソースが減る分、パフォーマンスの向上が見込めると言う利点があります

しかし、この機能を利用するための条件があります。
まず、win8にはX86系で動作する32bitとX64系で動作する64bitがあります。
Hyper-Vを動作させるためには64bit環境が必要になります。

CPUの条件としては、第2世代の仮想化支援機能のIntel EPTやAMD RVIが必要になります。
CPUの例としてはIntelならCore iシリーズ、AMDならPhenomシリーズがあります。
(注:型番によってはサポートされてないものもありますので十分注意してください。)

XP modeでは第1世代の仮想支援機能を必要としていましたが、CPUが仮にサポートしていてもBIOSで機能が停止されている場合が多々あり混乱を招いたため、多少の性能を犠牲にしてでも動作することのできるパッチを配布し、対応CPUでなくても動作するようになっていました。
しかしながら、ハイパーバイザはアーキテクチャからしても第2世代の仮想化支援機能が必要となります。
つまり、おそらく今後のアップデートでこの条件が変更される可能性は低いと考えられます。

多少条件がきついにしても、今までのvirtual PCとは違い動作の軽量化が期待できる一般OSでは新しい仮想ソフトがwin8に加わり、より一層魅力的なOSになっています。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR