windows8をメインPCにしてみた(その4)

こんにちはkaedeです。
今年最大の話題?になるかもしれないwindows8も、もう目の前ですね!
この前、何かの雑誌で読んだのですが、windows8は結構UIが変わっていますが、これの使い方を見ればその人がPCに詳しいかどうかわかるかもしれないと書かれていました。
う~ん確かにVISTAの時はPCの動作を見ればわかったような…(多くはハードに依存してるので断言はできませんが…)
まあ、なんといってもついに今週発売ですね!

さて、今回は連載させていただいている企画第四弾!「windows8をメインPCにしてみた」です。
今回は「タスクマネージャーでわかるwin8の軽さ」です。
q.jpg

今週にも発売されるwindows8は、一般的に見れば新UIだったりARM版が出たりと話題が多いのですが、kaedeが最も目をつけているのは、今までにない動作の軽さです。
とくに、aeroをオンにしていても滑らかに動くレスポンスの良さには感動してしまいました。
実際、このブログでも何回かこの企画を連載していますが、ここ2週間ほど使い続けてわかったことは、とにかく動作が早い。(とてもじゃないけどAtom N455の動きじゃない)でした。

今回そんな秘密を探るべく、簡単な比較をしてみました。
それこそがタスクマネージャーでRAMの消費を見てみようと考えたのでした。

まずはこちら、この企画のためにサブPCと化した相棒VAIO Xのものです。
win7.png
ちなみにOSはwindows7 professional(32bit)です。
RAM自体は2GB搭載していて、kaedeが勝ったころのAtom機種では2GBも積んでいるのがなくて感激していたのを今でも覚えてます(笑)

さて次はレノボのS10-3です。
win8.png
こちらのOSはもちろんwindows8 RP(32bit)です。
RAMは1GBしか積んでおらず、プリインストールOSはwindows7 starterとかなり標準的なネットブックでした。
何回も書いていますが、搭載されているAtom N455はwin7上では720Pがやっと動くような状況でした。

二つの写真を見比べてわかると思いますが、win8がだいぶ軽いのがわかると思います。
また時々win8は、300MB前後で動いていることもあり非常に軽量でした。
一方VAIO X(win7)も最初に書きました通り、VAIOのアプリなどはすべて止めていますが写真の通りでした。
去年一回だけ590MBあたりになったことがありましたが、それも一度だけ、通常使うときはVAIOアプリも常駐するため、もっと容量を食っています、

windows8の動作の軽さは、どうやらRAMの消費が少なくなったのも大いに関係がありますね。
ただ、興味深いのがwin7のカーネルは6.1もwin8も6.2でカーネルはwindows VISTAと同じなんですよね~
win7が登場した時も軽いOSだな~って思っていましたが、今となってwin8を見てみると、なんだか手元のVAIO XがVISTAのように見えてきました…(無論VAIO Xは愛していますが…)
さて、いよいよ発売ですね!

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR