trinityこと新APUを詳しく解説!

こんにちはkaedeです。
今日はアプライドに行って自転車にスマホを取り付け出来るやつを買ってきて愛車ことアルベルトに装着しました!
早速、昨日紹介した、地図機能を使おうと言う考えです。
実際に見事に動いてくれました。
本当にカーナビみたいでした。
これについてはまた今度レビューをしたいと思います。

さて、今回はやります!新APUの紹介と解説します!
amd_fusion_apu_051015024701.jpg
発表からしばらくたっているわけではありますが、改めて見ていこうと思います。

今回のAPUは製造プロセスが32nmで、CPUコアにBulldozer「Piledriver」、GPUコアにはRadeon HD 6800などと同じアーキテクチャを採用したGPUコアを搭載しています。
また自動のオーバークロック機能である「Turbo CORE」の進化版「AMD Turbo Core Technology 3.0」を新たにサポートしました。
またメモリーコントローラが新たに1.25Vの停電あるDDR3がサポートされました。

さて、性能を見ていこうと思います。
この表をご覧ください。
APU製品表
A8とi5は比較用として見てくださいね!
まずコア数は4コアです。またすれども4スレッドになっています。
動作クロックは2.3GhzでTurbo Boost時は3.2Ghzまでクロックアップしてくれます。
Lキャッシュは4MBと前APUのA8と変わっていないものの、i5から見たら少し少ないですね。
内蔵GPUはRadeon HD 7660GでここはIntel製のCPUにない、最高のグラフィック性能を発揮してくれることでしょう!
GPUクロックは497Mhzです。
最後に消費電飾が大きいことで少し気になるAMDですが、今回は35Wと使用電力も低いです。

他にも内蔵GPUのみで4画面出力が可能だったりとすごい機能が盛りだくさんです!

ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
80位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR