外付けHDD特集!

こんにちはkaedeです。
最近使っていたHDDが壊れました。
これ自体は前に行っていたことがあるのですが、そろそろ何かしら、買わないといけないなと思い・・・
おかげさまで、メインPCことVAIO Xは容量が一時パンク寸前まで・・・
で、さすがにこのままじゃまずいな・・・と感じ、そろそろ考えないといけないなと思うようになったわけです。
そこで、今回は外付けHDDの特集をしたいと思います。

まずはこちら!
41N0GAVNB2L.jpg
Lacie製のminimusシリーズです。
今回目を付けたのは、アマゾンのフラストレーションフリーパッケージ(以下 FFP)。
は?と思われる方もいるかと思いますので、説明しておきますと、FFPとは箱を簡易包装して、環境に優しいリサイクル可能な外装パッケージで販売するものです。
これで、少し店頭価格より安くなるのもありがたい話ですね。

次は、こちら
51xZwIWOq5L.jpg
一見外付けHDDに見えますが(もちろんそう使えますが)、実はネットワーク対応HDDです。
いわゆるNASと言ったところですね。
これを無線LANにつなげると、スマホやパソコン、インターネット対応テレビなどからアクセスでき、外出時もインターネットがつながる環境にさえいれば、いつでもデータをやりとりすることが出来ます。
なのでスマホとかの本体容量を少ないものを選んで、価格を抑え、音楽や動画はこのHDDを経由して聞くという使い方もありです。

最後はこちら!
41ZopZTxJwL.jpg
で、でっか!!と思った方もいるかと思います。
こちらも見た目通り普通の外付けHDDではなく、本格的なNASです。
NASと言うのはさっきの説明でピンときたかたもいるかもしれませんが、簡単に言うとネット上で共有できるHDDを挿します。もちろんHDD以外でもNASとは言えるのですが、現状HDDくらいしかありませんね。
さてこのでっかいHDDはなんとRAID1構成。
RAID構成とはなんぞやと言いますと複数のHDDを扱う技術で、

RAID 0はHDDを2台以上つなぎ一つのHDDとみて書き込む技術。複数のHDDに書き込むので、動作が高速になります。
RAID 1は2台のHDDに同じデータを書き込み、どちらか一方が壊れても片方から復旧できるようになっています。
RAID 5は複数のHDDに同じデータが書き込めるようになったものです。RAID1と似ていますが、構造が違うため、RAID1より性能が向上しています。
このほかにもRAID6というのもありますよ!

んでこのHDDの話に戻すと、RAID1に対応なので1つ壊れてもまだもう一つが残っており、ユーザーが意識的にバックアップを取る必要がなくなります。
とっても便利なHDDです!(少し高額ですがね・・・)

いかがでしたか?
今回は、外付けHDDとNASについて紹介しました。
もうすぐ誕生日なのでこれを狙って買おうかな~なんて思っています。
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
88位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR