Windows側でIP固定をせずにローカルIP固定をする話

こんにちはよつやです。
今日は珍しく金曜日の更新です。まあ、先週更新できなかったので少しでも早く・・・というアレなのですが。

まず始めに本題とは関係ないのですが、ちょっとした物を。
以前ブログで紹介した来客監視システムですが、先日なんか引っかかったのでご紹介。
インターホンのカメラを覗き込んでいたようで顔がしっかり写ったものまでありましたが、流石にそこまで鬼では無いのでしっかりプライバシーが守られたものを。
Sun Jun 25 18_31_13 GMT_09_00 2017_pic0
いわゆる訪問販売系でした。先週の日曜日のものですが、ホント迷惑ですね。
この時も、自分のVAIOの方で通知を受けるようにしていたので気が付きました。最近はスティックPC(カメラ側)も画像ファイルを保存するフォルダを共有するようにしているので、クライアントソフトとエクスプローラを開いておけばすぐにモニタも確認できます。
余談ですが、今住んでいる地域はホントに訪問販売が多いんですよね。特にマンション系の引っ越しませんか?的なやつが多いですね。最近はもう出ないようにしています。
監視ソフトの方も運用から3ヶ月経ったこともあり、信頼性は大分上がりました。インターホンの画面がついた時はほぼ100%反応することが出来ます。初期のような誤判定もほぼ無いので安心して運用できるようになってきました。
やっぱり、カメラとかのセンサー類を使ったプログラムと言うのは実世界とリンクしているので面白いですね。今後も少しずつカメラ系のソフト開発をやっていきたいと思います・・・あくまでも趣味で。仕事じゃね・・・?いろいろ面倒でしょ?


さて、ここからが今回の本題。
光回線も開通し、Raspberry Piを使ったファイルサーバーなども改めて運用し始め快適なネットライフを送っていたのですが、最近の問題がリモートデスクトップでした。
なぜ、リモートデスクトップが問題かというと僕のPC環境がこれだから。
DSCN9469_20170630232119700.jpg
研究室で日々僕を見守ってくれていた海未ちゃんは今こうして日々の僕を見守ってくれています。いやぁなんか時々目が会うからちょっと恥ずかしかったりしないでもない。照れるなぁ。最近は艦こればっかりですが海未ちゃんを見るとやっぱり海未ちゃんって可愛いなって思うわけです。何ていうのかな?完成された可愛さ?的な感じ。
えっと、そう、久々の登場ですが、VAIO Zのクラムシェルモデルです。もう買ってから1年半程過ぎてしまいましたが、スペックは健在で今もメインとしてバリバリ働いてもらっています。
で、この環境がなぜダメなのかというと、ずばり、IP固定にあります。
え?やっちゃえばいいじゃん?とも言われるのですが、出先で有線LANを使う際にいちいち、IP固定の設定を変えるのも面倒だし・・・ということでどうしようかなと思っていました。

そんな中ルータに良い機能があるのを知ったのでそれを試してみました。
それが、これ、そうDHCP固定割当設定です。
1_2017063023211423a.png
※画像はクリックすると拡大して見れます。
やり方は簡単。IPアドレスに使用するローカルIPを入力。MACアドレスにVAIO ZのMACアドレスを調べ書きます。コメントは適当に。今回はわかりやすいようにVAIO Z(型番)で書きました。まあ、よつや家にはVPCZとVJZという型番違いのVAIO Zが2つあるので・・・。
今回はテストでIPの最後を230に設定してみました。

次にまずはVAIO Z側でIP固定がされていないことを確認します。
2_20170630232116767.png
この通り、自動割当になっています。一度ルータの割当を設定したら、VAIOの方も再起動したほうが良いようです。

で、再起動してIPアドレスを調べてみると・・・
3_20170630232117fb1.png
この通り。同じ設定したIPアドレスがしっかり割り当てられていますね。
こうすることで、家では固定のIPが割り当てられ、外では自動的にIPを適当に振るので設定をいじること無く使うことが出来ます。

ちなみに、分からない人向けに、なぜリモートデスクトップにIP固定が必要か?と言うと、IPv4アドレスの場合外部に公開されている(直接つなげることのできるIPアドレス)がルータのアドレスになるのでルーターの先、つまり今回のVAIOなどは直接接続することが出来ません。そこで、ルータの設定でリモートデスクトップの接続要求があった場合にはルーターから先(ローカル内)のどこに接続するかを決めなければいけません。この時の指定方法がIPv4アドレスなんですね。で、これが毎回変則的に変わるIPを使っているとそのたびに設定しないといけないので普通はというか、よっぽどなことがない限り固定IPを割り当てて対処します。なのでリモートデスクトップを外部から使いたければどうにかしてローカル内のIPを固定化しないと行けないんですね。

というわけで、こんな感じで上手く出来ました。Wimaxを使っていた時は結構頻繁にグローバルIPが変わっていたのですが、光回線になってからと言うもの、ほとんど変わらないんですね。意外な発見でした。
まあ、僕はあまりネットワークの専門では無いので細かく説明とかは出来ませんが(かと言って専門は?と聞かれると困る・・・まあ変態分野ならそうそう負けないかも?)、要するになんとかなった!というわけです。

せっかく光回線という常時接続の回線も手に入ったことですし、今後も色々やってみたいと思います。
いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
97位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR