USBドッキングステーションが届きました![Plugable UD-3900]

こんにちはよつやです。
実は昨日は自分の誕生日でした。まあおかげさまで22歳になりました。
というわけで、たまには自分にプレゼントというのもいいかな?と思ってあるものを思い切って買いました。
それがこちら。
DSCN9383_2016042812482458f.jpg
そう、USB3.0のUSBドッキングステーションです。アマゾンリンクはこちらからどうぞ。(こちらのデュアルディスプレイという方を買いました。)
これはPlugable UD-3900というもので、メーカーは初めて知ったのですがこの手のUSB製品が多いようです。
ちなみに何に使うのかというと、家でのVAIO Z(VJZ13B1)を家で使うときにUSB一本で周りの機器と接続できたらなと思ったからです。
その中でもリーズナブルでそれなりの性能を持っているものがこのPlugable UD-3900だったのでアマゾンで思い切って買いました。

とりあえずインタフェースを見てみましょう。
DSCN9385.jpg
正面はこんな感じでUSB3.0端子が2つとイヤホン端子、マイク端子があります。
そして裏側。
DSCN9384.jpg
裏側にはUSB2.0が4つとギガビットイーサネット、映像出力としてDVIとHDMIがあります。
その下にあるのはPC本体と接続するためのUSB端子とACアダプターの差込口があります。

というわけで映像系はHDMIとDVIを差し、HDD2台とUSB DAC、キーボード類を接続してみたところこんな感じです。
DSCN9386.jpg
ちなみに僕はこんな感じでごちゃごちゃするだろうと思い、机の下の方に置いて使用しています。
おかげで机の上は結構すっきりしています。

そして今回このPlugable UD-3900を注文した最も重要な点はDisplay Linkに対応しているというところです。
このDisplay Linkと言うのはDisplay Link社が主にしているUSBから映像を転送するチップの搭載されたものに付いている名称で今回で言えば、このDispaly LinkのおかげでDVI、HDMIの2つをフルに使いVAIO Zのディスプレイを含めるとトリプルディスプレイで利用することができます。
そう、前のVAIO Zでもトリプルやったのだから今回やらないわけ・・・無いじゃん?
DSCN9388_20160428124830f75.jpg
ということで、もちろんトリプルディスプレイにしました。というかこれと有線LANポートが一番のお目当てですから。
以前のVAIO Zでトリプディスプレイにした時はもともと搭載していたGPUがデュアルディスプレイまでしか対応していなかったのを無理やりトリプルに認めに3つ目のディスプレイは動画などを流すと若干ラグがありましたが、このPlugable UD-3900でトリプディスプレイにすると2つはもちろん3つとも普通に使えるレベルです。僕はあまりゲームをしないのでゲームの応答性はわかりませんが、動画を見るくらいは全く問題ありません。
おそらく、GPUが公式にトリプディスプレイ対応になっているのと、以前のアダプターはUSB2.0でしたが、今度のはUSB3.0しかも外部電源付きというのも大きな要因ではないかなと思います。

あと、改めてつかってみて気がついたのですが、USB DACはちゃんとVAIO本体から取ったほうがいいですね。というのもヘッドホンで音楽を聞いた時に明らかに音質が劣化してたのでアンプ類は別にしたほうが良さそうです。
それにしても本体側もすごくすっきりしました。
最近は大学のR732も退役してVAIO Z(VJZ13B1)一台で回す日々なのでこんな感じで接続が手頃になるのは非常にありがたいです。
また、たまに経過報告ができればいいなと思います。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR