VAIO Z(VJZ13B1)大きさ比較 ~旧VAIO Z編~

こんにちはよつやです。
そういえば、新しいVAIO Zを購入してからと言うもの、あまりブログに出してなかったなと思い、ある企画をやることにしました。
というのが、そう、大きさ比較です。
現在よつや家にはVAIO Z(VJZ13B1)、VAIO Z(VPCZ1)、VAIO X、R732が有りそのため3つと比較すると面白いだろうと。しかもそのうち新しく買ったVAIO Zを含め13インチ代のものが3つもあればなかなかおもしろい比較になるのではないかなと思い比べてみることにしました。
というわけで、今回は旧VAIO Z(VPCZ1)とくらべてみたいと思います。
DSCN9097_2016030921440427c.jpg
まあ見るからに旧VAIO Zのほうが分厚いのですがね・・・まあ見てみましょう。

まずは本体の厚さから。
DSCN9098_201603092144061db.jpg

DSCN9099.jpg
これは一目瞭然ですね。そもそも、僕の持っている旧VAIO Zは搭載されてませんが、本来ならDVDやBDドライブが内蔵されているPCであるためやはり厚めになってしまいますね。それでも登場した当初は薄型でびっくりした記憶があるのですがね・・・時代の流れですね。
それと、旧VAIO Zの場合はカバーをつけているためその分も厚くなっています。

次に天板の大きさです。
DSCN9100.jpg
実際に重ねてみると旧VAIO Zのほうが少し小さことがわかりました。
まあ、確かに、旧VAIO Zは13.1インチに対して新VAIO Zは13.3インチとなったため若干横幅が大きくなっています。

次に開いた時の状態です。
DSCN9102.jpg
まずは液晶からですが、高さはほぼ一緒ですね。
旧VAIO Zが分厚いことを考えるとこの液晶の高さがほぼ一緒と言うのは13.1インチという大きさのおかげとも言えそうですね。新VAIO Zは薄型化で確保できた大きさを利用し13.3インチと0.2インチサイズアップできたという見方もできますね。

開いた状態の本体の厚さ比べです。
DSCN9101.jpg
やはり新VAIO Zの圧勝ですね。
まあ最初に書いたように旧VAIO Zがドライブ搭載機種だったというのとカバーの影響も有りますが、新VAIO ZはそもそもVGAや有線LANまで省いて薄型にしていることを考えると当然の結果ともいえますね。

次に本体側の長さです。
DSCN9103.jpg
こちらも新VAIO Zがサイズアップしているために少しだけ大きくなったことがわかりました。
それに伴いタッチパッドがかなり大型化していることがわかります。また、キーボードの大きさも少し大きくなり、タイプがしやすくなっています。

総評すると・・・
DSCN9104.jpg
厚さでは新VAIO Zが圧倒的に薄くなっていて、天板に関しては旧VAIO Zに比べ若干サイズアップしていました。
それに伴い、ディスプレイのサイズアップやキーやタッチパッドも大型化され使いやすくなっていました。
やっぱり、新型すげーっとなりました。やっぱりこの薄さで性能を考えるとかなりすごいです。なんというか、技術の進化を見ることができました。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR