最近のアニメ絵などに対する批判について考えてみたい。

こんにちはよつやです。
なんと・・・
DSC_1757.jpg
とうとう、25回目の劇場版ラブライブを見てきました。
昨日の事なのですが、バイトが少し長引いていたのですが、机に置いていたXperia Zがピカピカしていたので、見てみたら友達からのメールで内容は「今から新宿で映画見ない?」的な感じでした。
まあ、恐ろしいのは”映画”と言っただけで見る映画が決まっていることですよね。もう最近その友達との会話で映画と出てくればほぼ間違いなくラブライブなんですよね。まあ最も、友達はラブライブ以外も見ているようですが、僕自身が映画と言えばラブライブしか見ていないためこうなっているのですが・・・
一応目標の25回は達成されたのですが、心のなかではまだみたいな~と思っているところがあるので、もしかしたらまだ見るかもしれません。


さて、今回はいつもの記事の方向性とは少し違うのですが、最近ちょっと思うことがあるので書きたいと思います。
まあ、僕の意見は一般的に見たら偏っている可能性もありますが、もし読者の方で僕と意見が合わないようなら、こういう考えの人もいるのか~くらいの感じで受け止めていただければと思います。

改めて、僕がそんなに言いたいことは何かと言うと、ここ最近のアニメ絵に関する批判です。
ご当地キャラとか、聖地巡礼なんて言葉もよく耳にするようになった今日、地元の活性化にとアニメとコラボしたり、イメージキャラクターとしてアニメ絵のキャラを作ったりとここ最近アニメ絵が至る所で目にすることが多くなりました。
個人的には絵を見るだけでもワクワクしますし、場合によってはその土地に興味が出てきたりもします。
これまでも幾度となくアニメの話やそれらのイベントの話などをこのブログで書いているため日頃からお付き合い頂いている読者の方はそれなりにアニメ関係にもご理解があるのだと存じます。言うまでもなく、僕も理解があるどころか大好きなわけです。


その一方でアニメ絵を受け付けない人がいるということもあり、最近はそういう人たちとの”摩擦”が目立つようになってきました。
というのも今日のJcastニュースというサイトに「アニメ「のうりん」でも萌えキャラ批判 巨乳強調は「セクハラだ」「人権侵害だ」」という記事があり、せっかくなので僕の意見も書こうと思ったところでした。
ちなみに、僕はどちらかと言うと胸は控えめな方のほうが好みですが別にこれを見ても気分は害しませんがね。

確かに、アニメ絵と言うのはここ最近の深夜アニメの人気ぶりを持ってしてもおそらく万人受けすることは難しいでしょう。なので批判が出てくることは簡単に予想が付きます。
しかし、最近それらの批判を見て思うのが、的外れ、もしくは本当に地元の人?と思うことがあります。
先ほど挙げたニュースでもそうですが、セクハラや人権侵害という意見が掲載されています。
リンクに張ったニュース自体はこの問題に関しては中間の立場か少し市の立場に向いているような感じが伺えます。

で、僕が何を思ったかって、先程もかいたように今回については的外れ感がすごくするということです。
まず、「セクハラ」だという意見に関しては、はっきり言って「何が?」という感想を持っています。
これが不愉快に感じるというならそれは個々の受け方なのかもしれないので一応そういった意見が出てくることは理解できます。しかし、はっきりとセクハラと言ってますが、このポスターを見てあなたは何かされたんですか?何か被害を被ったんですか?
さらに、見出しにもかいてある「人権侵害」もそうですが、正直「何が?」という感想です。
これも先ほどのセクハラという意見の反論と一緒でそもそも誰の人権が侵害されたのかがはっきりしていません。もしかして、これを見た女性全員とでも言いたいのですか?それはあまりにも暴論では無いでしょうか。
そりゃ、その地区の人が集まって多数決をとったとか言うならわかりますが、これらの意見はネット上(ソースはこのニュースサイトではありますが)の意見なのです。
本当に全員が人権侵害だと感じているのでしょうか。それは一部の意見ではないのでしょうか。

そいういっていると次第に人権侵害とはと思うようになったのではてなキーワードで調べたところこうかいてありました。
「人が人らしく社会活動を送ること・生きる事」が、何らかの人的要因によって妨害されている状態。
では話を戻して、あのポスターを見てこれらに当てはまることがあるのでしょうか。
僕にはそうは思えませんでした。

例えば、リンクのニュースにも書いてあるように碧志摩メグの場合は実際にモデルになった方々が居たわけでしかもその方々から批判が出てきたのでこれは仕方ないですが、取り下げるべきかもしれません。しかし、今回に関しては特にモデルになった人と言うのは居ないと聞いています。

これを言ってしまえば正直すべて片付きそうですが、要はこれらの批判は感情論でしかないと考えています。
今回はポスターを撤回することになったそうですが、これで批判していた人はなにかかしらの妨害から開放されたのでしょうか。具体例があるのなら是非とも見せていただきたい。

そんな、簡単にセクハラだの人権侵害だのが成立するのなら日常生活において僕だって揚げ足を取ろうと思えば簡単にできあるわけです。
例えば電車の女性専用車両とか。
だってね、同じお金で電車に乗るのになんで女性というだけで専用車両が用意されるのか?これは男性軽視の人権侵害では?
これに関しては正直どうでもいいというのが僕の考えなので別に批判的というわけでは無いのですが、こういう事を言われたって仕方ないわけです。

それに、少し話がそれてしまいますが、何か重大な事件などが起きた時のアニメの放送自粛。
結構印象に残っているのは暗殺教室の放送自粛ですね。
あの時は、日本人二人の殺害を期限をつけて予告したのが原因で放送自粛をしていましたが、それとこれって関係あるのですか?だってアニメでしょ?フィクションでしょ?
もっと言えば、暗殺教室を放送していたのはフジテレビでしたが、フジテレビなんてその日の朝のニュースでは殺害予告時間までのカウントダウンなんてやってたじゃないですか?それの方がよっぽど問題だと思いますがね。その辺が話題にならないあたりやはりアニメに対する見られ方と言うのはあまりいいものでは無いのではないかなと感じていたところでした。
脱線ついでにもう一つ例を上げれば、これも少し前ですが、川崎市で中学1年生が殺害された事件の報道で、これはTBSですが、リーダー格の犯人との共通の話題は?と聞かれ知人が「アニメです」と答えていました。
ここまでなら別に問題は無いのですが、TBSはこのあとそのアニメがラブライブであることを突き止めるとこのことを大々的に放送しました。
これをラブライブを知らない人が見るときっと、アニメ又はラブライブ=犯罪者になる可能性が・・・と受け止められたかもしれません。と言うより、そうとられてもおかしくないような報道がされていました。
まあ考えても見て下さいよ。例えばこれの共通の話題が仮にテニスだったとしましょう。それが分かった後で「犯罪者の使ってたラケットのメーカーは~で、ボールは~製のものを愛用していた」とか報道します?しないでしょ?
僕の場合、理解ある友達に恵まれたためか変な目で見られることはほとんどありませんでしたが、世の中見渡してみるとアニメに関しては批判的な意見が結構多くあります。
中立な説明が要求される放送局がこのようなことをしていることに正直残念でなりませんね。

さて、大幅に脱線してしまいました。
そろそろまとめに入りたいと思います。
とりあえず、言いたいことは何でもかんでも批判すればいいというわけでは無いということ。やっぱり批判するからにはそれなりに納得の行く批判をしていただきたいところです。感情論なんてもってのほかですが。
しかし、もう一つアニメ好きな人にも一つ言っておきたいことがあります。
それは日々の行動を見なおしてみることです。残念なことにアニメファンが何かしらをやらかして一般の方に迷惑がかかってしまうということはよく見受けられます。自分たちの趣味が批判されたくなければまずは我々が日々の行動を見なおしてみる必要があるかもしれません。
特にこうやって批判的に見られているからこそ気をつけていきたいですね。もちろん僕自身も気をつけなければなりませんね。

ということで、今回はかなり長くなってしましましたが、今後アニメがより多くの人に受け入れられるための何かになれば幸いです。
いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
80位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR