Surface Bookが意外と良さそう。

こんにちはよつやです。
携帯のアドレスを変えてはや2ヶ月ほど、まだアドレス帳の人全員にメアド変更メールを送れていない段階なのですが、また迷惑メールが来るようになりました。
まあ、来るだろうなとは思っていたのですが、意外にも早くてびっくりです。
ただ、今のメアドですが大変気に入っているため変える気はありませんが。
もうどうしようもなくなったら反撃も視野に入れておきたいと思います。
ただ、まだ反撃するほどの量はきていないのでまだまだ様子見ですが。
あと、話しはガラリと変わりますが、今日の八王子、めちゃくちゃ寒かったです。思わず今日はコートを引っ張りだしてしまいました。
なのに何ですか?八王子市民の皆様。なんであんなに軽装でいられるんです?もう東京に来て3回めの冬だというのにいまだになれませんね。
ということで首都圏にお住まいの読者の方はぜひとも風邪にはお気をつけください。


さて、今回はマイクロソフトから来年投入されることが決定したSurface Bookについて少し見てみたいと思います。
surfacebook.jpg
今回のSurface BookはあのSurfaceの代名詞と言ってもいいキックスタンドがありません。
じゃあどうするの?ということですが今度のSurface Bookはキーボードのdockに接続し使うタイプになるのでそもそもキーボード側のヒンジが立ててくれるんですね。

しかもびっくりなのがこの本体とキーボードの接続がPCI Express接続ということです。
正直、わざわざキーボードとの接続のためにPCI Expressがいるのか?と思いました。だって、PCI Expressは超高速転送ができるのは最大の利点ですが(VAIO ProやVAIO Zもこの接続方式を使って高速化しています。)、その分値段は高くなります。
しかし、よく仕様を見てみると納得します。
なんとキーボード側にNVIDIAのディスクリートGPUが搭載されているのです。

あれ?昔どっかで聞いたような・・・(VPCZ2とかね・・・)
しかしまだ試作段階のためGPUの型番などは公表していません。
ちなみに、今回のSurface Bookはマイクロソフトが目標とするライバルにMac Book Proが挙がっています。
つまり、Surfaceのラインナップの中では最上級グレードということになります。
しかしまあ、Surface ProとSurface BookときたらProのほうが上級ブレードに聞こえて仕方ないのですが、まあここは個人の主観というところでしょうか。

このPCは13.5インチで、今後更に小型PCの高性能化に拍車がかかると思います。
まあそうすると国内メーカーは大丈夫かな?と言う気もします。
まあVAIOは技術的には大丈夫でしょう。ただ、マウスみたいなところは例外としても大手メーカーのパソコンってホント性能低いですからね。今後はごまかしが効かなくなって最終的に自分の首を閉めてしまうようなことにならないことを祈るばかりです。
とはいっても小型PCに関してはいくつかのベクトルがありその一つとして高性能化と言うのがあるというだけなのでそこまで悲観的にならなくてもいいとは思っていたりもします。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR