VAIO Z(VJZ13B1)のキーボードとタッチパッドをレビュー

こんにちはよつやです。
今回は先日購入したVAIO Zのキーボードをレビューしていきたいと思います。
まず、2015年に発売されたVJZ13A1という型番のVAIO Zもキーボードは結構こだわっていて、キータッチの音が極力抑えられている作りになっていました。
その機構は今となってはVAIO S11やS13でも活かされなかなか好評のようですね。
しかし、VAIO S11ではフッ素含有UV硬化等処理がされ、皮脂油を弾くことで汚れと油によるキーボードの痛み(文字が消えたり、テカテカすること)を抑えられるような加工がしてありましたが、VJZ13A1のVAIO Zがかなり初期に投入されたこともあってこの加工はされていませんでした。
やはりそれじゃまずいとVAIO側も思ったのか今回のVJZ13B1のVAIO Zではちゃんとフッ素含有UV硬化等処理を行ったキーボードを搭載してきました。
これは僕もちょっと気になっていたので嬉しい限りです。

さて、実際にキーボードを見てみましょう。
DSC_0083.jpg
まず、キーボード全体です。
今回は普通の日本語配列キーボードを選択しました。
キーボードの感覚も13インチのPCからとしては標準的でキーとキーの間もちょうどいい具合に開いていて打ちやすい部類のキーボードであることは間違いありません。
一つだけ残念なのは先代のZに比べるとキーストロークは浅くなりました。もちろん、本体が先代に比べても薄くなってきていることを考えるとキーストロークが浅くなるのはしょうが無いのですが先代のZを使っていた僕からすると違和感がありますね。まあここは慣れと好みの問題もありますね。
ただ、キーストロークも浅いとは言ってもそれはZシリーズで比べると浅いというだけで、同じサイズ、厚さのPCに付いているキーボードからすると深めの部類になると思います。ノートPCのキーボードではダントツに入力しやすいと思います。なんというかストロークは浅いかもしれないけれどもあまり嫌な感じがしないです。
そして本当にキータイプの音が静かなのも好印象です。結構強めにガシガシ入力しないかぎりは音がしないですね。

キーの幅ですが、
DSC_0084.jpg
僕の指でこんな感じでした。
自分の指だと指の腹でちょうどキーボードが隠れるか隠れないかというぐらいで、僕の指は太くもなく細くもなくだと思うのである意味標準的な指標になるのじゃないかなと思います。
ちなみに入力するときなのですが、本体が薄くなったおかげでパームレストと机の段差がかなり小さくなり先代のZで感じていた手首が疲れる感がかなり軽減されました。ここまで薄いと手首に違和感がないので本当にタイピングしていて疲れません。僕はあまりPCに薄さを求める人ではありませんがこの利点は盲点でした。おかげさまですごく使いやすいです。まあ普段からウルトラPCとかを使っている人はあまりそういう感動はないかもしれませんが、キーボードに関しては僕はこれが一番感動的というか衝撃的でした。

次にタッチパッドですが、これはなかなか曲者ですね。
DSC_0085.jpg
まあ、いわゆる一体型で最近はやりのタイプですが、正直に言うと使いにくいですね。というのも例えばどこからが右クリックの領域なのかがよくわからず、手先の感覚だけでクリックすると左クリックのままということが結構ありました。
あと文字をコピーするときなどもしかしたらShiftでやるから関係ないよという人もいるかもしれませんが、左クリックを押したままマウスカーソルを動かしたい時などは少し勝手が違いますね。やはりこれも慣れでしょうか。
ただ、見た目だけ考えれば一体型のほうがスマートな印象がありかっこいいですね。
そしてタッチパッドのとパームレストの境目はアルマイト加工ではないのですがないかしら加工がされていて光が当たるとキラリと反射してかっこいいです。ちなみに光は反射するものの、眩しいということもなくてこれはたまたまなのか、それともVAIO社が計算づくでやったのかはわかりませんが一種のこだわりを感じた部分でした。

総評するとキーボードはストロークが浅くなっているにもかかわらず打ちやすくなり本体が薄くなったこともあり全体的にすごく打ちやすくていいキーボードでした。
一方タッチパッドは一体型の弊害があり、VAIO社がこのVAIO Zをビジネスモバイルマスターピースと謳っていてビジネス向けを全面に押し出している以上はせめて、有料でもタッチパッドとクリックを分離したものも用意するべきなのかなと思いました。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト
プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
402位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
81位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR