Raspberry Pi3をHDD化した話

こんにちは、よつやです。
昨日は会社のイベントに参加し、久しぶりに身体を動かしたために身体のあちこちが痛くてしょうがないよつやです。
もう、ホント身体が痛い。しかも1日しか休み無いし・・・。
運動嫌いな僕としては結構辛いんですよね。まあ、これを期に運動しよう!・・・とはならないのですがね。だって疲れるんだもの・・・

さて、気合を入れ直して、流石に疲れ果てて寝てるだけの休日は無性に腹が立つので、今日はRaspberry Pi3のHDD化(USB)を行いました。
先にお断りをさせて頂くと、基本的にこちらのサイト(https://jyn.jp/raspberrypi-usb-boot/)を参考にさせていただきました。
ですので、詳しいことはこちらをご覧いただければ幸いです。

基本的な流れは、
・通常通りSDカードにUbuntuをインストール
・パーティション調整
・OSの読み込み先の変更
と言ったところです。

注意しなければならないのは今回の方法はブート用としてSDカードも必要になるということです。
ちなみにRaspberry Pi3ではHDDのみで起動する方法もあるようですが、こっちのほうが簡単だったので今回の方法を選択しました。

まずは通常通りUbuntu mateをインストールします。
次に、Terminalで「sudo fdisk -l」を実行します。
1_20170730200544595.png
ここでは起動するHDDの宛先を見ておくという感じです。
容量がSDカードとは明らかに違うのですぐわかると思います。

そして次。
「sudo dd if=SDカードのパス of=HDDのパス」を入力し、実行します。ちなみにifはinput fileの略でofはoutput fileの略だそうです。
ちなみにこの間、処理していても何も表示が無いのでただただ無心になって待つ必要があります。

次に「sudo e2fsck ~HDDのパス」と言った感じでディスク調整を行います。
とにかくyを押して作業を続行させます。
4_20170730200545cd5.png
その後HDDのマウント先を変更し、HDDが読み込まれるようにします。

最後に別のPCでcmdlineの画像の部分をHDDのパスに書き換えます。
5_20170730200547136.png
これで、完了です。
ちなみに、僕がHDD化を行った理由は簡単でSDカードがすぐ死ぬから。
自作の監視カメラアプリのクライアント側との同期にSQLを使っているのですが、やっぱり書き込み回数がとてつもなく多くて、大体3ヶ月も経つとSDカードがお亡くなりなってしまうことが分かったので、HDDにしたら問題を解決出来るのでは無いかと思ったのがことの発端です。
今のところ普通に動いてくれています。

ただし、夏ということもあって・・・熱がヤバイ!
仕事から帰ってきてHDD触ったらあっちちーですよ。
というわけで100円ショップでペン立てみたいな文具用品を買い、このように使っています。
DSCN9476_20170730200548929.jpg
上の赤いHDDがRaspberry PiのOSディスク、下はファイルサーバー用のHDDです。
使用したHDDは前にVAIO ZのHDDをSSD化した時のお古なので特に壊れても問題ないのでこれを使っています。
どのくらい持つか楽しみですね。
また色々分かったら報告したいと思います。

ちなみに・・・
HDDにすると分かるレベルで動作は重くなります。ただ、使えないレベルか?と言われるとそうでも無く、最初のSSHを入れるまで以外はTeraTermとか使えば気にならないレベルでした。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
スポンサーサイト

Windows側でIP固定をせずにローカルIP固定をする話

こんにちはよつやです。
今日は珍しく金曜日の更新です。まあ、先週更新できなかったので少しでも早く・・・というアレなのですが。

まず始めに本題とは関係ないのですが、ちょっとした物を。
以前ブログで紹介した来客監視システムですが、先日なんか引っかかったのでご紹介。
インターホンのカメラを覗き込んでいたようで顔がしっかり写ったものまでありましたが、流石にそこまで鬼では無いのでしっかりプライバシーが守られたものを。
Sun Jun 25 18_31_13 GMT_09_00 2017_pic0
いわゆる訪問販売系でした。先週の日曜日のものですが、ホント迷惑ですね。
この時も、自分のVAIOの方で通知を受けるようにしていたので気が付きました。最近はスティックPC(カメラ側)も画像ファイルを保存するフォルダを共有するようにしているので、クライアントソフトとエクスプローラを開いておけばすぐにモニタも確認できます。
余談ですが、今住んでいる地域はホントに訪問販売が多いんですよね。特にマンション系の引っ越しませんか?的なやつが多いですね。最近はもう出ないようにしています。
監視ソフトの方も運用から3ヶ月経ったこともあり、信頼性は大分上がりました。インターホンの画面がついた時はほぼ100%反応することが出来ます。初期のような誤判定もほぼ無いので安心して運用できるようになってきました。
やっぱり、カメラとかのセンサー類を使ったプログラムと言うのは実世界とリンクしているので面白いですね。今後も少しずつカメラ系のソフト開発をやっていきたいと思います・・・あくまでも趣味で。仕事じゃね・・・?いろいろ面倒でしょ?


さて、ここからが今回の本題。
光回線も開通し、Raspberry Piを使ったファイルサーバーなども改めて運用し始め快適なネットライフを送っていたのですが、最近の問題がリモートデスクトップでした。
なぜ、リモートデスクトップが問題かというと僕のPC環境がこれだから。
DSCN9469_20170630232119700.jpg
研究室で日々僕を見守ってくれていた海未ちゃんは今こうして日々の僕を見守ってくれています。いやぁなんか時々目が会うからちょっと恥ずかしかったりしないでもない。照れるなぁ。最近は艦こればっかりですが海未ちゃんを見るとやっぱり海未ちゃんって可愛いなって思うわけです。何ていうのかな?完成された可愛さ?的な感じ。
えっと、そう、久々の登場ですが、VAIO Zのクラムシェルモデルです。もう買ってから1年半程過ぎてしまいましたが、スペックは健在で今もメインとしてバリバリ働いてもらっています。
で、この環境がなぜダメなのかというと、ずばり、IP固定にあります。
え?やっちゃえばいいじゃん?とも言われるのですが、出先で有線LANを使う際にいちいち、IP固定の設定を変えるのも面倒だし・・・ということでどうしようかなと思っていました。

そんな中ルータに良い機能があるのを知ったのでそれを試してみました。
それが、これ、そうDHCP固定割当設定です。
1_2017063023211423a.png
※画像はクリックすると拡大して見れます。
やり方は簡単。IPアドレスに使用するローカルIPを入力。MACアドレスにVAIO ZのMACアドレスを調べ書きます。コメントは適当に。今回はわかりやすいようにVAIO Z(型番)で書きました。まあ、よつや家にはVPCZとVJZという型番違いのVAIO Zが2つあるので・・・。
今回はテストでIPの最後を230に設定してみました。

次にまずはVAIO Z側でIP固定がされていないことを確認します。
2_20170630232116767.png
この通り、自動割当になっています。一度ルータの割当を設定したら、VAIOの方も再起動したほうが良いようです。

で、再起動してIPアドレスを調べてみると・・・
3_20170630232117fb1.png
この通り。同じ設定したIPアドレスがしっかり割り当てられていますね。
こうすることで、家では固定のIPが割り当てられ、外では自動的にIPを適当に振るので設定をいじること無く使うことが出来ます。

ちなみに、分からない人向けに、なぜリモートデスクトップにIP固定が必要か?と言うと、IPv4アドレスの場合外部に公開されている(直接つなげることのできるIPアドレス)がルータのアドレスになるのでルーターの先、つまり今回のVAIOなどは直接接続することが出来ません。そこで、ルータの設定でリモートデスクトップの接続要求があった場合にはルーターから先(ローカル内)のどこに接続するかを決めなければいけません。この時の指定方法がIPv4アドレスなんですね。で、これが毎回変則的に変わるIPを使っているとそのたびに設定しないといけないので普通はというか、よっぽどなことがない限り固定IPを割り当てて対処します。なのでリモートデスクトップを外部から使いたければどうにかしてローカル内のIPを固定化しないと行けないんですね。

というわけで、こんな感じで上手く出来ました。Wimaxを使っていた時は結構頻繁にグローバルIPが変わっていたのですが、光回線になってからと言うもの、ほとんど変わらないんですね。意外な発見でした。
まあ、僕はあまりネットワークの専門では無いので細かく説明とかは出来ませんが(かと言って専門は?と聞かれると困る・・・まあ変態分野ならそうそう負けないかも?)、要するになんとかなった!というわけです。

せっかく光回線という常時接続の回線も手に入ったことですし、今後も色々やってみたいと思います。
いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!

ようやくよつや家にも光の時代が!

こんにちは、よつやです。
最近にしては珍しく2日連続の更新でございます。
まあ、なんたってよつや家初の光回線が開通したんですからね。そりゃブログを書かずにはいられないわけです。
とりあえず感想を言うと・・・

光回線はえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

いや、なにあの速さ、艦これのローディングが一瞬のうちに終わるじゃないの。今までキャッシュを駆使しても数十秒はかかっていたのに。
いやはや固定回線もとい光回線恐るべしです。
今回は光回線になったので少し家の配線等を変えたのでそれも交えて記事にしたいと思います。

まず、こちら。
DSCN9017_2017051419351471a.jpg
この黒いやつが、光ケーブルを有線LANに変換する機械。NTTから支給されたやつですね。
ルーターを通さずにこいつに直接接続することも可能だそうです。
まあ、セキュリティ的によろしくはありませんが。

次に、昨日紹介したルーターを机の下に配置。ちょうど隣はベッドなので、ベッドで横になりながらパソコンを使うときも有線LANで使うことが出来ます。
DSCN9016_20170514193512ac3.jpg
で、ここまでは普通なのですが。
部屋に入った目の前に・・・・
DSCN9018_20170514193515a35.jpg
LANケーブルが跨いでいます。
これは・・・
DSCN9019_20170514193523c39.jpg
ソファの下にLANハブを設置し・・・

こうなった。
DSCN9020_2017051419352535b.jpg

DSCN9021.jpg
そう、来客監視システムに使っているスティックPCがついに有線接続になりました!
いや、有線LANをこよなく愛する僕としては引っ越してこのスティックPCだけ無線で済ませていたのがすごく敗北感があったんですよね。
いくら今時の女子高生が無線だのワイヤレスだのCSMA/CAだのIEEE802.11acだのと言おうと僕は一貫して有線主義を貫き通す覚悟であります。
まあ、海未ちゃんが「今時はIEEE802.11acですよね」とか言ったら速攻で無線主義に変わりますが、きっと海未ちゃんも有線LAN好きなはず。いや好きであって欲しい。きっと好きだ。そう信じよう。

というわけでやっと家のスマホ・タブレット以外のデバイスはすべて有線LAN接続になりました。
いや~この達成感。ホント良いですね。
部屋はドンドンカオスになっていきますが、有線の方がいいじゃない?仕方ないよ。
だって、今住んでいるアパートですら無線LANが乱立していてよろしくなさそうな状態ですし。

あと、スティックPCを有線にしたのにはちゃんとした理由があって、それはVPNを使いたかったからです。
僕は主にSoftEtherのVPN Azureを使っているのですが、一度これを使っちゃうと他に戻れなくなるほど使い勝手がいいのでどうしてもこれを使いたかったんですね。
で、何故か無線だとうまくいかないので(仮装ハブの設定がうまくいかない)、使うなら有線にしないといけなかったんですね。
ただ、常時起動しているWin機なんてスティックPCしかないし、VAIO Zを常時起動させるのはなんかアレだし・・・というわけでスティックPCを有線化することにしました。
ちなみに、LinuxでもSoftEtherのVPNはあるのですが、設定が面倒なので・・・
というわけで、とりあえず最低限やることは完了しました。

あ、そうそうせっかくなのでスピードテスト結果を。
1_201705141935094aa.png
Wimaxの約68倍の速度。もう笑いが止まらないんですね。
しかも!!
2_201705141935112e8.png
ちゃんと昨日話したIPv6にも対応しているので、爆速爆速。
もうホント満足。
Youtubeの動画がローカルのファイルを再生してんじゃないかっていうくらい読み込みが早いですね。
やっぱり、時代は光!モバイル回線なんて常時使うもんじゃないですね、あんなの使う人信じられないですよ!(←ここ4年間思いっ切りモバイル回線を使ってたヤツ)
というわけで、本当に快適そのものです。

今回はこの辺で失礼して、Dアニメストアや艦これに勤しみたいと思います。
いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!

新しいルータを買った話とアキバ遠征の話。

こんにちは、よつやです。
いや、大変お久しぶりでございます。なんといいますか、更新できなくてすいません。
先週のゴールデンウィークをアキバで満喫したあとの虚無感と言いましょうか、この一週間はこう、なにか心にぽっかり穴が空いたような感じがしておりました。
まあ、何はともあれなんとか一週間を乗り切り今日はお休みなのですね。なのでブログを書こうと。

というわけで、今回のお題目は新しいルータの紹介とアキバ遠征(GWの話)の話を少ししたいと思います。
実は、明日(日曜日)に我が家に光回線が開通します。
本来は4月中には開通する予定だったのですが、業者との行き違いがあり遅くなってしまいました。
というわけで、回線を開通するならルーターがいるだろ?ということでルータを買ったわけです。
ちなみに、今回、キャンペーンでバファロー製ルータプレゼントというのがあったのですが、もちろん拒否。
いや、普通はもらってもいいと思うのですが、ね? そう、PCならVAIOを使うようにルータはNECと私は決めているわけです。バファロー製の異教徒なぞ、よつや家には一切立ち入れたりはさせない!!という強い意志により思いっ切り拒否しました。
電話先のオペレーターさんも最初の一言が「え?」でしたからね。そして2度確認されましたよ。

というわけで、買ったルーターはこちら。
DSCN9007.jpg
もちろんNECのルーターでございます。
PA-WG1200HPというルーターです。
このルータにした理由は、1:価格が安い、2:ポートマッピングが出来る、3:IPv6ブリッジ対応の3つで2のポートマッピングは現在使っているWimaxのルーターと設定画面が変わらなければ移植が簡単だろうという推測のもと言っているだけです。
今回特に期待しているのが、IPv6ブリッジ機能で、もちろん今回契約した光回線もIPv6対応になっています。
このIPv6とは何かというと、ざっくり言えば「次世代IPアドレス」とでも言いましょうか。(実は結構前からあるのだけど、政府の制限など大人の事情で・・・)
一般的にインターネットに接続する際はIPアドレスが割り振りされます(よく言われるパソコンの住所、厳密にはルータの住所だったりするけど・・・)が、一般的に使われるIPアドレスはIPv4という種類のものです。また一部ではIPv6対応もありましたが、最終的にIPv4に変換して接続していました。
で、このIPv4ですが、インターネット利用者の増加によりIPv4のIPアドレスが枯渇しているという問題があります。その枯渇問題を解決すべく生まれたのが、IPv6なんですね。細かく書き始めると止まらなくなるのでこの辺でやめておきますが、こういう経緯で生まれたんですね。
ただ、実際、”一般的な”利用者としてはIPv4を使おうが、IPv6を使おうがどっちでも良いのですが、それでもIPv6を利用するメリットがあるんですね。
それは、”通信速度”です。え?住所変わるだけで速くなるの?と思われるかもしれませんが、速度が変わる原因はIPアドレス自身では無く、IPアドレスを処理する各サーバーにかかる負担の違いで速くなるというわけです。
まあ今でもIPv4は混雑していますから、まだ利用者の少ない(はず・・・)IPv6でガラガラの回線を思いっ切り走ってやろうぜというわけですね。
で、このIPv6ブリッジの機能は使っているPCのソフトウェアがIPv6に対応している場合、ルータで処理をせずそのまま転送してくれるという機能になります。
まあ、まとめると、
通信速度が速くなる!
というわけですな。

ちなみに、中身はこんな感じ。
DSCN9008.jpg
LANケーブル(Cat5e)やコンセント、本体、説明書(写真にはありませんすいません・・・)が入っていました。

本体と側面はこんな感じ。
DSCN9009_20170513191123c23.jpg

DSCN9010.jpg
LANはインターネット接続用1つとハブが3つあります。
本来、これだけだと我が家の場合は全く足りないのですが、家にはLANハブが2つあるのでカスケードすれば問題なし。
明日、工事が来るのでそれが終わったら試してみたいと思います。


さて、次。
まあこれはおまけっちゃおまけですが、先日GWの時に2泊3日でアキバ遠征に行ってきました。
残念ながら今住んでいるところはアキバからはるか彼方の場所にあるので気軽に行くことは出来ないんですね。
というわけでせっかくの連休だったので思い切ってGWはアキバで過ごそう!となりこうなったわけですね。
というわけで今回買ったものの一部を。

まずはこちら。
DSCN9011_20170513191126ac4.jpg
カレー作戦の暁ちゃんです。
見つけた瞬間、一瞬で買っちゃいましたよ。何この可愛い生き物。
キリッとしてるはずの表情、立ち絵なのに可愛さが溢れ出てる。
DSCN9013_20170513191134390.jpg
ほら、可愛いでしょ?
ああ、暁ちゃんのお子様カレー食べたい。出来ることなら食べさせてもらいたい。そして膝枕してもらいたい。許されるなら一緒に添い寝して欲しい。そしていい子いい子して欲しい、ホント。

あとね・・・
DSCN9014_201705131911364cc.jpg
この微妙な胸の膨らみ方、最高でしょ?もう、言葉も出ないくらいに。
そしてこの服がダボダボしてる感じも良いね。ホント良いね。ちっちゃい子が大人ぶって少し大きめの服を来たらめっちゃ萌えた、この感じ。最高としか言えん。

次にTwitterで少し触れたのですが、絵師100人展に行ってきました。
DSCN9015_20170513191137cf0.jpg
これはその時買った画集。
実は2日連続で行きました。
というのも、一回目行った時に、一目惚れした絵があって、アクリルプレート買いたいなという衝動に駆られたのですが、珍しく、いや僕らしく無く、衝動買いすること無く、この画集にその絵があったのでそれで我慢しようと思ったわけです。
が、人間そんな簡単に変われるわけもなく、その日の夜は後悔に飲み込まれたわけです。
そう、「ああ、なぜ注文しなかったんだ、馬鹿じゃないの?お前オタク何年やってんだよ、迷ったら買えとか人に言ってたくせに自分はどうなんだ・・・」と自分の愚行に怒りすら覚えたわけです。

そう、私のモットーは「良いものには金は惜しまない。」「迷ったら買え」であるわけです。
やはり、自分が自分らしく生きるためには自分が決めた教訓くらい守ってなんぼなわけです。
というわけで、次の日もう一度絵師100人展に行ってもう一度その絵を眺め、やはり良かったのでアクリルプレート注文しました。
お届けは7月中旬以降になるそうです。いや~楽しみですね。

で、帰ってきてから衝撃の事実を知ったのですが、今回のアキバ遠征、移動費、宿泊費、食費、必要経費を含めた結果、給料(手取り)の約半分を消費していたことが発覚。あと少し使っていれば手取りの半分を超えていたという状況でした。
だが、しかし、後悔は無いわけです。
なんたって、八王子に居たときもそうですが、基本アキバや横須賀のような遠出以外でお金を使うことが無いのです。と言うかこの一週間も合計で2千円は使ってないんじゃないかなぁという所。
そう、つまり、アキバでお金を使わずしてどこで使う?ほらね、間違ってなかったでしょ?というわけで納得したわけです。

まあ、しかし初給料の約半分をアキバで溶かしたというのもまたどうなんだと言う感じはしないでも無いですが、問題ない、後2週間で給料日だ。そしたらまたアキバ行こう。

というわけで、以上、今回のご報告でした。
アキバ行った感想としては、「やっぱりアキバって良いよね。」です。

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!

インターホンの監視システムを改修した話

こんにちはよつやです。
ブログ書かなきゃ、ブログ書かなきゃ・・・と思いながらもかけませんでした。
すいません。
なんというか、社会人になると学生の頃の時間の余裕がすごくありがたいことだったんだなぁと感じさせられますね。
そういえば、やっと春アニメを見始めました。え?今更かよと思われるかもしれませんが。とりあえずエロマンガ先生は見ました。エロマンガ先生めっちゃ可愛いですね。僕もクッションを投げつけてもらいたい・・・ とにかく少しずつ見ていきたいなと思います!

本題の前にまずはこちら。
DSCN9004.jpg
そう、海未ちゃんに新しい洋服を着させてあげました。
もちろん、髪もしっかり洗って、最後はオイルミストでお手入れして、きれいな髪になりました。
もうすぐ夏だし、海未ちゃんみたいな子ならワンピースとかも涼しげで似合うだろうと思い、実は結構前から買ってたんですよね。ただ、時間が無くてようやくお着替え出来ました。
最近は海未ちゃんのためにも頑張らないとなぁと思いながら仕事してます、はい。
いつか一緒にドライブとか行きたいなと思います。

さて、今回の本題は以前引っ越し完了時の報告のときに紹介した「来客監視システム」ですが、約1ヶ月のテスト運用を終え、ある程度、情報収集ができたのでそれを元に2世代目を開発しました。
まず、ドアに貼っつけていたカメラはこのようになりました。
DSCN8997_20170430215706194.jpg
そう、家のインターホンを眺めさせてます。
玄関の覗き穴はWebカメラの性能では明るさの加減くらいしか認識できず、それでも反応するように調整はしてきましたが、無理と判断しこのようになりました。
細かいところでは・・・
DSCN8998_20170430215707320.jpg
このようにスティックPCをほぼ浮かせた状態で運用できるようになったため、放熱面で有利になりました。

また、インターホンの画面までの高さ調整は・・・
DSCN8999.jpg
使わなくなったメガネケースを利用しています。

クライアント側も進化しました。
無題
どうです?以前に比べて大分ボタンやテキストボックスが増えてるでしょ?
インターホンの監視の場合、自分がインターホンを操作する場合もあるので、その時だけ一時的に監視を停止する機能や判定レベルなどを設定できるようになりました。

一ヶ月テスト運用をして新たにわかったことがいくつかあって、まず第一に夜の反応が鈍いということ、ソフトウェア自体が重い、クライアント側の同期ミスで異常を上手くキャッチできない時があるなど、ホントに色々わかりました。

まず、ソフトウェアの重さは画像解析部分に冗長な部分がいくつかあったのでそれを最適化しました。
また、解析部分以外のシステム全体の制御も極力無駄な動作などを減らし動作が軽くなるように改修しました。
次に夜の反応が鈍いという問題は新たにもう一つ画像解析アルゴリズムを自作しこちらで対処できるようにしました。具体的には取得した画像を任意の数に分割し、分割したエリアごとに動体検知の判定を行うというものです。
これにより、小さな変化も捉えられるようになったので変化量の少ない夜の動体検知に対応することが出来ました。
この2つのアルゴリズムはクライアント側で自由に切り替えられるようになっています。
同期ミスは単純な開発ミスだったのですぐに改修出来ました。
今後はこの2つのアルゴリズムを状況に応じて自動で切り替え出来る機能を開発したいと思います。

というわけで、今回の研究報告は以上です。
ちなみになんですが、土日この改修をずっとやっていたのですが、こういうタダで熱中出来るものがあると、生活費の節約になっていいですよ。
まあ、なんだかんだ言って楽しいからやってられるってところですよね。
残念なのはもう大学生じゃないのでこれを研究にすることが出来ないことですね。
でもこれからも改修を続けて、夢の自作スマートハウス完成に向けて頑張ります!
その前に・・・明日の仕事がんばります・・・

いかがでしたか?
ではまたお会いしましょう!
今日もいい日でありますように!
プロフィール

よつや

Author:よつや
こんにちはよつやです。
主にPC関係の記事を書いていきます。
コメントやメッセージ大歓迎です。
相互リンクなども遠慮なくお申し付けください!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>
twitter
カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR